中古物件や自宅を理想の住まいに変身!リノベーションを成功に導くためのポイントをご紹介します

このサイトは中古物件や自宅を理想の住まいに変身させるためのリノベーションを、成功に導くためのポイントをご紹介しています。
リフォームよりも大規模な改修をすることを考えているのなら、ぜひチェックしてみてください。
中古の住宅の大規模改修工事は、物件購入前のプランニングが大切になるでしょう。
計画にあった物件を探すのがおすすめです。
またこのサイトでは既に住んでいる自宅の大規模改修工事をするときの知識も解説しています。

中古物件や自宅を理想の住まいに変身!リノベーションを成功に導くためのポイントをご紹介します

古い物件もお洒落でデザイン性の高い住まいに変身させられるとして人気の、リノベーションをしようと思っている人もいるのではないでしょうか。
リノベーションをする際には、長く住み続けるためにも内装だけでなく水道をはじめとした配管や電気の配線な度も見直しておくのがポイントです。
築年数が長い建物の場合、これらの設備に難があることも考えられます。
後で工事が必要になり二度手間を避けるためにも、リノベーション前に確認するのがおすすめです。

魅力的なメリットが多いリノベーション

リノベーションの魅力的なメリットとして第一に挙げられるのは、自由に設計・カスタマイズができるという点で、自分のライフスタイルに合わせた空間づくりを実現することが可能になってきます。
リノベーションが可能な物件であれば間取り・内装や水回り設備から床や壁の材質に至るまで自由にカスタマイズできますし、骨組みだけを残して改修を行うスケルトンリフォームを実施すれば間取りから見直すこともできるので、より自分好みの住まいを手に入れることが可能になります。
さらに物件価格を抑えた購入がしやすいという点も魅力で、一戸建ての場合だと建物の本体価格が安いところでも坪単価50万円程度になりますが、リノベーションであれば30万円程度というケースもあるなど、リノベーションは既存の建物の構造を活かす分だけ新築住宅と比較しても物件購入のコストダウンが図りやすくなるため、コストを可能な限り抑えたいという人にもおすすめといえます。

リノベーションのデメリットと対策方法

リノベーションには様々なメリットがある一方で、デメリットについても知っておく必要があります。
ここでは、そのうちの主なものをいくつかピックアップし、対策方法についても見ていきましょう。
まずは、「解体してみるまで補修費が分かりにくい」ということがよく挙げられる点です。
外観を見る範囲では状態に問題がなさそうだったのに、実際に解体してみたら、柱のヒビや排水管の水漏れなどが見つかる例は少なくないようです。
結果的に、想定より補修費が高くなってしまうということになります。
これを防ぐためには、事前検査を十分におこなっておくことが必要になります。
次に、「構造によってはできない箇所がある」という点がデメリットと言えます。
リノベーションは原則的には全体改修が可能であり、間取りから設備まであらゆる変更が出来ます。
しかしながら、共同住宅などでは撤去できない柱があったり床材を変更できないなど、管理組合の規約で制限されることがあるのです。
この対策には、事前検査の段階で「できること」「できないこと」を明確に提示してくれるリノベーション会社を選ぶことが必要です。
契約前に出される良い条件だけを鵜呑みにすることなく、しっかりしたアドバイスができる業者を選定しましょう。

リノベーションで重要なプランニング

自宅の一部を大がかりなリノベーションを検討している場合、重要になるポイントとなるのがプランニングになります。
明確に計画をしっかり立てることで、大がかりな改修であっても満足できる結果に繋げる事が可能です。
実際にリノベーションをする上で、なぜ必要なのかも踏まえて不満な箇所をリストアップする事がポイントになります。
家族で様々な意見を出し合うことで、実際に必要な改修は何かを明確にする事が可能です。
実際に改修するためにはデザインなどを考える必要もありますが、現状をよくするためだけでなく長期的な目線で考える事もポイントになります。
多くの意見が出された中で、もっとも優先すべき内容は何かを考慮する事も大切です。
最終的に改修に掛ける費用も余裕をもって予算を決めることで、思わぬトラブルにも慌てずに対応する事が出来ます。
工期などのスケジュールなども余裕をもって計画することで、トラブルや問題に繋がる改修を未然に防ぐ事ができ満足できる結果を得る事が可能です。

リノベーションのプランニング前にやっておくべき準備

リノベーションのプランニング前にやっておくべき準備としては、情報収集をしておく・目的を明確にしておく・優先順位を決めておくといった3つの項目で、この3点をおさえておくことで質の高いリノベーションのプランニングに繋げていくことができます。
特に情報収集をしてイメージを膨らませておくことがポイントで、インターネットや資料請求、住宅情報誌などの情報をチェックすることはもちろん、理想のイメージに近い資料があれば打ち合わせ用にとっておくこともおすすめです。
インターネットであれば数多くの写真を手軽に探すことができますし、時間があればハウスメーカーのショールームに足を運んで設備や素材の実物を見ておくことで、よりイメージを膨らませることができます。
また、目的を明確にしておくことも大切で、家事動線を見直して子育てしやすい家にしたい・最新設備に入れ替えたい・老後を見据えてバリアフリーにしたいなど、どんな家にしたいのかをはっきりさせておくことでプランニングの打ち合わせでも自分の希望を伝えやすくなります。

著者:谷口信弘

筆者プロフィール

新潟県三条市出身。
大学卒業後ハウスメーカーに就職。
リノベーションに関する記事をネットで公開しています。
新潟 リノベーション